相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

亡くなってからでもできる節税対策

  1. HOME
  2. 相続って何をすればいいの?
  3. 亡くなってからでもできる節税対策

亡くなってからでもできる節税対策

相続が発生してから行える節税対策について、限定的ではありますが存在しますので代表的な方法をご紹介します。

小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例 亡くなられた方が、生前において居住用として使用していた土地や事業用として使用していた土地について、一定の条件を満たす方が相続をした場合、その土地の評価額が最大で8割減額される特例があります。

この特例を小規模宅地についての相続税の課税価格の計算の特例といいます。
この特例は、残された遺族にとって生活の基盤となるマイホームや事業用の土地に対して多額の相続税が課税される事により、その維持が困難となる事を防ぐ事を目的としていますので、この特例を受けられる方は配偶者や同居の親族等のように限定されています。

なお、この特例を利用するためには相続税の申告を行う事が必要となりますので、結果として相続税額がゼロ円となる場合でも、相続税の申告を行わなければいけません。

配偶者の税額の軽減

配偶者の税額の軽減 亡くなられた方の配偶者が相続する財産が「1億6千万円」か「配偶者の法定相続分」までは、相続税はかからないという制度があり、この制度を配偶者の税額の軽減制度といいます。

この制度を利用する場合は、相続税の申告期限までに相続人の間で誰がどの財産を相続するのかについて決定していなければいけません。

また、この制度を利用するためには相続税の申告を行う事が必要となりますので、結果として相続税額がゼロ円となる場合でも、相続税の申告を行わなければいけません。

以上のように、相続が発生してからでも誰がどのような財産を相続するのかを検討する事により、最終的に計算される相続 税は大きく変わります。

私たちがお客様をサポートします。

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社