相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識コラム

養子の相続

養子縁組とは、実の親子関係のない人との間で、法律上親子関係を結ぶことです。
養子縁組には、「普通養子縁組」と「特別養子縁組」の2種類があります。
それぞれの親子関係の継続について、相続関係について説明します。

(1) 普通養子縁組
普通養子縁組は、養親との間に法律上の親子関係が成立しますが、実親との親子関係も継続します。つまり、普通養子縁組の養子は、2組の親を持つことになります。

・普通養子の相続権
普通養子であった場合、養子となった子であっても、実親の相続人となることができます。つまり、養親の相続人でもあり、実親の相続人でもあるということです。
ただし、普通養子縁組の場合、「法定相続人の数」に入れることのできる養子は、被相続人に実子がいる場合は1人まで、実子がいない場合は2人までと定められています。

(2)特別養子縁組
特別養子縁組は、それまでの親子関係を断って、新たな親子関係を養親と設けるという点で普通養子縁組と異なります。つまり、特別養子縁組の養子は、養親とのみ親子関係を持つことになります。

・特別養子の相続権
普通養子の場合と同様に、養親の子として養親の遺産を相続することができます。
一方、特別養子縁組によって養子は実の親とその親族とは関係が消滅していますので、実の親の遺産は相続することはできません。

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社