相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識コラム

負担付贈与とは

通常贈与は、贈与者から受贈者にお金や不動産といった資産を無償で譲渡するものですが、贈与する資産に関連する借金や債務を含めて受贈者に贈与することを「負担付贈与」といいます。贈与する側は、対象資産を手放すことになりますが、同時に債務負担もなくなります。
負担付贈与があった場合には、贈与を受けた財産の価額から、一緒に引き継いだ債務の額を差し引いて贈与税の課税対象額を算定します。

・負担付贈与の贈与税計算式
(贈与された財産の価額-負担すべき債務の額-基礎控除110万円)×贈与税率-控除額

 

・負担付贈与の特徴
(1)贈与する資産が土地等であれば、時価評価する
贈与した資産が建物や土地などの場合、その資産の評価額は時価で計算されます。

 

(2) 贈与者にたいして譲渡所得税や住民税がかかる場合がある
負担付贈与対象の財産の価額よりも、受贈者が受け継ぐ債務の価額の方が大きい場合は、贈与者は、その差額分の譲渡所得があったものとされ、譲渡所得として所得税や住民税が課せれる可能性があります。

 

・負担付贈与の贈与税計算具体例
贈与者(親)は、過去に銀行でローンを組んで4,000万円の不動産を購入しました。
その不動産は、現在の相場(時価)で評価すると3,000万円でした。
ただし、ローン残高2,500万円が残っており、それもあわせて受贈者(贈与者の未成年の子)に贈与することとしました。受贈者の負担する贈与税は、下記のように算定します。

 

課税対象額の算定:
3,000万円(不動産の時価)-2,500万円(ローン残高)=500万円

 

贈与税額の算定:
(1,500万円-1,000万円-110万円)×20%-25万円=53万円

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社