相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識コラム

相続税の基礎控除とは

相続税は、いかなる場合も課税される訳ではありません。
相続税が課税されるのは、遺産の総額が相続税の基礎控除額を超える場合です。
相続税の基礎控除額とは、相続税の総額を計算する場合に課税価格の合計額から差し引く控除で「3,000万円+600万円×法定相続人の人数」で算定されます。

・具体例①
前提:被相続人の妻、長男、次男がおり、基礎控除額算定にかかる法定相続人は3人として基礎控除額を算定する。

基礎控除額の算定
3,000万円+600万円×3人=4,800万円

・具体例②
前提:被相続人の妻、長男、次男がいるが次男は相続放棄。しかし、基礎控除額算定に際しては相続放棄する者がいても法定相続人に含めるため3人となる。

基礎控除額の算定
3,000万円+600万円×3人=4,800万円

・具体例③
前提:被相続人の妻および長男、次男は死亡しており次男に2人の子供がいる。この場合、次男の子供は代襲相続人となり法定相続人は4人となる。

基礎控除額の算定
3,000万円+600万円×4人=5,400万円

基礎控除額算定式を見てお分かりのように、相続税が課税されるか否かは、法定相続人の数と遺産の総額に関係します。

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社