相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識コラム

相続放棄を取り消すことはできるか

相続放棄が家庭裁判所によって受理され、相続放棄の効力が生じたら、熟慮期間内であっても、原則として相続放棄を取消または撤回をすることはできません。

相続放棄を自由に取消または撤回ができるとすると、他の相続人や債権者などの利害関係人の法的な地位が不安定になってしまうためです。

しかし、例外的に相続放棄を取消または撤回できる場合があります。

 

・相続放棄の取消・撤回が認められる場合

①詐欺または脅迫によって相続放棄した場合

②未成年者が法定代理人に無断で相続放棄申述をした場合

③後見監督人がある場合、被後見人もしくは後見人が無断で相続放棄申述をした場合

④成年被後見人本人が相続放棄申述をした場合

⑤被補佐人が補佐人に無断で相続放棄申述した場合

⑥相続放棄の申述が裁判所に受理される前である場合

 

・相続放棄取り消しの方法

相続放棄の取消手続きには、裁判所に「相続放棄取消申述書」を提出する必要があります。

ただし、追認できるとき(例:詐欺によって相続放棄申述したことを知ったとき、無断で相続放棄が行われたと知ったときなど)から6ヶ月を経過するか、相続放棄をしてから10年が経過した場合は、相続放棄の取消権は消滅します。

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社