相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識コラム

相続放棄と登記

相続放棄の効力は絶対的で、何人に対しても登記なくしてその効力を生じます。

<設例>

父が亡くなり、遺産には土地建物があり、相続人は私と弟の2人でした。私は相続放棄をし、弟が単独で遺産を相続することになりました。私の相続放棄について登記はされておらず、私の債権者によって遺産の土地建物に仮差押登記がなされました。

私は相続放棄をしているため、この差押えは無効ではないでしょうか?

 

<回答>

相続放棄の効力は絶対的で、何人に対しても登記なくしてその効力を生ずるので、設例の私の債権者に対し、弟が単独相続し、仮差押が無効であることを主張することができます。

 

・相続放棄と登記

相続放棄は、負債のみが遺産の場合など相続人にとって不利な相続をしなくてすむよう、その一切の遺産相続をすべて放棄することを選択することで、相続人の利益を保護する点にあるといえます。

民法939条では、「相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。」と規定し、遡及効を制限する規定はありません。

また債権者等の利害関係人は、相続放棄の有無について家庭裁判所に照会し確認することができます。

このような制度・規定等の趣旨から、登記がなくても相続放棄の効力は生ずると解します。したがって、今回の設例では仮差押登記をしてきた私の債権者に対し、相続放棄の登記がなくても、弟が単独相続し、仮差押が無効であることを主張することができます。

 

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社