相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識コラム

相続人不存在とは(相続人がいないとき)

相続人不存在とは
相続人不存在とは、被相続人に①配偶者、子、父母、兄弟姉妹およびその代襲相続人といった法定相続人がいない場合、②法定相続人はいてもその全員が相続放棄または相続欠格・相続廃除によって相続人がいない場合をいいます。
ただし、法定相続人がいて、その人が行方不明というだけでは相続人不存在とはなりません。

手続き
利害関係人または検察官の申し立てに基づいて家庭裁判所該当し相続財産管理人を選任します。そして、相続財産は法人とされ、相続財産管理人によって管理されます。

(1)家庭裁判所が相続財産管理人を選任し、遅滞なくその旨を公告し、相続人を探索します。相続財産管理人は、相続人の捜索や、相続財産の管理・清算を行います。

(2)相続財産管理人が相続債権者及び受遺者に対し、2ヶ月以上の期間を定めて請求の申出をなすべき旨を公告します。

(3)請求の申出の期間終了後においても相続人が現れない場合には、6ヶ月以上の期間を定めて相続人捜索の公告をします。
この公告期間が経過しても相続人が現れない場合に、「相続人不存在」が確定します。

(4)相続人捜索の期間終了後、3か月以内に、特別縁故者がその旨の請求を行い、相当と認められた場合には、特別縁故者への財産分与が行われます。
特別縁故者とは、相続の現場で被相続人に法定相続人がいない場合に、被相続人と特別な関係があって相続を受ける権利が発生した人のことです。
特別縁故者の条件は、下記いずれかを満たすもので裁判所に申し立てをする必要があります。
①被相続人と生計を同じくしていた者
②被相続人の療養看護に努めた者
③その他被相続人と特別の縁故があった者

(5)それでも相続人がいない場合
(1)~(4)を経て、それでもなお残った財産は、相続管理人により国庫に納付されます。

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社