相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識コラム

熟慮期間経過後の相続放棄は可能か

相続放棄ができる期間は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内(熟慮期間)です。熟慮期間に相続放棄もしくは限定承認をしなかった場合は、単純承認したものとみなされます。

・いかなる場合でも、熟慮期間経過後は相続放棄がみとめられないのか

熟慮期間経過後であっても、特別な事情が存在する場合には、相続放棄が認められることがあります。特別な事情がある場合の熟慮期間の起算については、最高裁判決で次のように示されています。

 

“相続人が、被相続人に相続財産が全く存在しないと信じ、被相続人の生活歴、被相続人と相続人との間の交際状態その他諸般の状況から相続財産がないと信じたことに相当な理由があると認められるときは、相続人が相続財産の全部又は一部の存在を認識した時、または通常これを認識しうるべき時から熟慮期間を起算すべきである”

 

したがって、特別な事情がある場合は、相続人が相続財産の全部又は一部の存在を認識した時から熟慮期間がスタートし、その熟慮期間内であれば相続放棄をすることができます。

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社