相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識コラム

死亡保険金は特別受益として持戻し対象となるか

被相続人(父)が被保険者(父)かつ契約者(父)で、保険金受取が特定の相続人(長男)という生命保険である場合、被相続人(父)が死亡するとその保険金は受取人(長男)固有の財産であり、被相続人(父)の相続財産ではありません。

<設例>

長男である私は、長年同居して介護をしていた父を亡くし、父が契約していた生命保険(被保険者:父、契約者:父、保険金受取人:長男)の保険金を受け取ることとなりました。相続人は、長男である私と妹の2人です。その妹が「保険金を特別受益として遺産に持ち戻すべき」と主張してきました。私が受け取る保険金は特別受益に該当しますか?

 

この設例の場合、長男が受け取った保険金は受取人(長男)固有の財産であり、被相続人(父)の相続財産ではないため、特別受益として持戻し対象とはなりません。

 

・死亡保険金の性質

死亡保険金を受け取る権利は、被相続人が生前に払い込んだ保険料と等価関係に立つものとはいえるものではなく、生前の被相続人の稼働能力に代わる給付でないことから、実質的に被相続人の財産ということはできません。

したがって、本設例の死亡保険金の受取は、遺贈または贈与を受けた財産とはいえないため、特別受益に該当するものではありません。

 

・死亡保険金が特別受益に準じて扱われる場合

ただし、特段の事情がある場合には、死亡保険金が特別受益に「準じる」ものとして、持戻しの対象となることがあります。それは、「保険金の額と遺産の総額に対する保険金の比率、被相続人と同居の有無、被相続人の介護等に対する貢献の度合いなどの保険金受取人である相続人及び他の共同相続人と被相続人との関係、各相続人の生活実態等の諸般の事情を総合的に判断して、保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間で著しい不公平があると判断される場合」です。

この設例では、死亡保検金の額が高額でなく、遺産総額に対する比率も高くないのであれば、長男が父と同居をして介護をしていたことから、死亡保険金を特別受益に準じるものとされる可能性は低いと考えられます。

 

 

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社