相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識コラム

根抵当権は相続される?

・通常の抵当権と根抵当権の違い

抵当権とは、住宅ローンなど特定の債権を担保するために土地や建物などの不動産上に設定された担保権のことで、登記簿にその都度、抵当権設定の登記がなされます。ただし、特定の債権が全額弁済されると、それを担保していた抵当権自体も消滅します。なお、登記簿から抵当権の記載を消すためには、法務局にその都度、抵当権抹消登記を申請する必要があります。

これに対し根抵当権は、あらかじめ貸し出せる上限(極度額)を定めて継続的な取引から生じる不特定多数の債権を一括して担保する抵当権をいいます。抵当権と異なり、被担保債権となっている個々の取引によって生じた債権が弁済されても、根抵当権は消滅することなく、将来発生する債権を担保するために存続します。極度額までの貸し借りについては、

その都度登記をすることなく、一回の「根抵当権設定登記」で担保を設定できるため事業者と銀行間の取引では根抵当権が用いられることがあります。

つまり根抵当権設定は、銀行などの貸し手側からすれば抵当権設定に比べて手間と登記の費用が少なくて済みます。

 

・根抵当債務者が死亡した場合

根抵当債務者が死亡した場合、根抵当権が担保する元本が確定します。その返済が終われば、根抵当権は弁済により消滅します(ただし抹消登記は別途必要)。

 

・根抵当権の相続

しかし、従来の担保を利用して根抵当権を存続させることも可能です。

相続の開始後6ヶ月以内に、これまで根抵当権の債務者であった被相続人に代わる新たな債務者(指定債務者)を相続人の中から選定し、その旨の登記をする必要があります。

指定債務者を誰にするのかの合意は債務者の相続人と根抵当権者が行いますが、指定債務者の登記は所有者と根抵当権者が行います。

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社