相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識コラム

形見分けが相続財産の隠匿に該当する?

形見分けとは、被相続人にゆかりのある品を親族や親しかった人達などで分けることです。
通常形見分けは、経済的価値の低額なものですが、高額なものを形見分けとして受け取ったとき、相続税の対象となる場合があります。

 

・形見分けと相続財産の隠匿
例えば、被相続人の高価な衣服、毛皮、靴などの遺品のすべてを相続人が持ち帰るといった行為は、通常の形見分けを超えるものと判断される恐れがあります。
この場合、たとえ相続人が相続放棄をした後であっても、形見分けで受け取った行為が、民法921条3号の「相続財産の全部若しくは一部を隠匿」と判定されれば、単純承認したものとみなされます。

 

・判断の基準
判例において隠匿は、「相続人が被相続人の債権者等にとって相続財産の全部または一部について、その所在を不明にする行為」としています。
さらに民法921条3号に該当するには、「その行為の結果、被相続人の債権者等の利害関係人に損害を与えるおそれがあることを認識している必要があるが、必ずしも、被相続人の特定の債権者の債権回収を困難にするような意図、目的までも有している必要はないというべきである。」としています。

 

・最後に
単純承認すると多額の負債を相続することになるため、相続放棄を選択した場合は、高価な形見分けは受け取らない方がよいと考えられます。

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社