相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識コラム

二重相続資格の相続人の相続放棄

相続人が複数の相続人たる資格を有することになる二重相続資格の相続人は、養子縁組に起因して生じます。

・二重相続資格の相続人になる場合

①-1同順位の二重相続資格

相続人が、被相続人の孫であり、かつ、被相続人の養子として養子縁組をし、相続人の親が、被相続人の相続発生前に死亡している場合です。この時、相続人は、被相続人の養子として資格を有し、相続人の子であるため代襲相続者として資格を有することになり二重相続資格者となります。

 

①-2同順位の二重相続資格

相続人が、被相続人と婚姻関係にあり、かつ、被相続人の親と養子縁組をしていて、被相続人と兄弟姉妹の関係にあり、また、被相続人との間に子がいない場合です。この時、相続人は、被相続人の配偶者としての資格を有し、兄弟姉妹としての資格を有することになり二重相続資格者となります。

 

②異なる順位の二重相続資格

相続人が被相続人の弟又は妹であり、被相続人の養子となっていた場合、相続発生時に被相続人にその養子以外に子や両親がいない場合です。その相続人は、まず被相続人の養子としての資格を有しますが、子の地位で相続を放棄したとき、今度は兄弟姉妹としての資格を有しており、二重相続資格者となります。これは、先順位で単独での相続を放棄し、後順位で兄弟と共同で相続したいとする考えに基づくものです。

 

・相続放棄の可否

二重相続資格があるときに相続放棄をすると、特に留保がない限り先順位と後順位どちらも相続放棄をしたものとする考え方と、いずれについても相続放棄をする旨が明らかでない限り一方の資格においてのみ相続放棄がなされたとする考え方があります。

上記①-2では、配偶者としての相続資格のみ認めるとする裁判例があり、配偶者として相続放棄すれば、兄弟姉妹として相続放棄は不要と考えられます。

①-1と②では、一方の資格においてのみ相続放棄することができると解し、他方を留保したい場合には、その旨を相続放棄の申述書に明示して、一方の資格において相続放棄ができると考えられます。

また、財産を一切相続したくなければ、両順位の相続資格で放棄することを明示する必要があると考えられます。

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社