相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識

続時精算課税制度と暦年贈与の非課税枠はどちらが有利?

相続時精算課税制度と暦年贈与についてご説明します。 ・相続時精算課税制度とは 概要:生前贈与する財産が2500万円まで贈与時点で非課税になり、贈与者が亡くなり、相続税を計算する際に、遺産に贈与した財産を加算して相続税を計算する制度で...

続欠格と相続廃除

被相続人に虐待行為や脅迫等を行ったために、本来であれば被相続人との関係で相続人となりうる人であっても、相続権が剥奪される場合があります。 「相続欠格」と「相続廃除」といって、両方とも相続権が剥奪される点で共通しますが、相続欠格は強制的に相...

続の開始

相続の開始は、被相続人が死亡したときに開始します。相続税の申告・納付期限は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内です。被相続人の死亡した日は、相続手続きの期限にかかわることなのでとても重要なものです。 ●被相続人死亡...

続とは

相続は、被相続人(亡くなった方)が亡くなったときから開始します。 相続の対象資産、相続人と法定相続、相続の手続きと期限について説明します。 ■相続の対象となる財産 相続の対象財産は、被相続人のプラスの財産だけではなく、マイナスの財...

婚した場合の相続税

被相続人と相続人の関係が変化した場合の相続関係についてお話します。 質問:数年前に夫が事故で亡くなりました。当時すでに私は、その夫と別居していました。死亡時には私は離婚していなかったのですが、その後、私は別の人と再婚しました。この場合...

姻関係にない内縁の妻の相続は?

婚姻の届出をしていない内縁の妻は、法定相続人ではないので、配偶者のように法定相続人として夫の遺産を相続することはできません。 ・「配偶者」と「内縁の妻」の違い 相続人となる「配偶者」とは、法律的に婚姻の届け出をしている関係をいいます...

続するのが個人でない場合

相続税は、原則として個人に課税されるものです。 しかし、被相続人の遺言によって文化や福祉に役立てるために、企業や公益法人や団体に遺贈することも考えられます。 そのような場合の相続税の納税義務の有無について説明します。 ・企業や団体...

なし贈与とは

土地などを無償ではなく、対価を支払って取得した時でも、その対価が時価等に比べて「著しく低い価額の対価」である場合は、注意が必要です。実質的に贈与と同様の経済的利益を得たと判断されるものは、その財産の取得は贈与によるものとされ、贈与税の課税対...

課税財産の内容

相続財産の中には、その性質、慣習、国民感情、社会政策的な面から、相続税をかけるのは不適当なものがあり、それを非課税財産として取り扱います。 相続税法12条に列挙されており、主に以下のようなものがあります。 ① 墓地・墓石・仏壇等 ...

偶者控除

配偶者の税額の軽減とは、被相続人の配偶者の相続分が法定相続分以下または 1億6000万円のどちらか高い方までは配偶者に相続税はかからないという制度です(相続税法19条の2)。 制度の注意点: ①原則として相続税の申告期限までに遺産...

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社