相続ホーム

0120-555-785

受付時間 9:00-18:00 土日・祝日は除く

基礎知識

定承認者が公告・催告を怠ったときの責任

限定承認者は遺産の範囲内で相続債権者および受遺者に対する弁済を行うために清算手続を行わなければなりません。 ・限定承認の申述が受理された後になすべきこと 家庭裁判所に限定承認の申述が受理された後は,限定承認者もしくは相続財産管理人は...

定承認の相続財産管理人の職務と権限

限定承認とは、相続人が相続したプラスの資産の範囲内で債務の負担を受けつぐ方法です。相続人が複数いる場合、限定承認は相続人が全員一致して行わなければなりません。 ・相続財産管理人 限定承認がなされると、相続財産は相続人の財産とは別に管...

見分けが相続財産の隠匿に該当する?

形見分けとは、被相続人にゆかりのある品を親族や親しかった人達などで分けることです。 通常形見分けは、経済的価値の低額なものですが、高額なものを形見分けとして受け取ったとき、相続税の対象となる場合があります。   ・形...

与分とは

寄与分とは、相続人が相続財産の増加や維持に特別に貢献した場合、その貢献に応じて相続人の相続分を増やすことです。 共同相続人の一部の者が、被相続人の遺産に対し、維持または増加に特別の貢献をした場合、そのような貢献をしていない他の共同相続人と...

担付贈与とは

通常贈与は、贈与者から受贈者にお金や不動産といった資産を無償で譲渡するものですが、贈与する資産に関連する借金や債務を含めて受贈者に贈与することを「負担付贈与」といいます。贈与する側は、対象資産を手放すことになりますが、同時に債務負担もなくな...

子の相続

養子縁組とは、実の親子関係のない人との間で、法律上親子関係を結ぶことです。 養子縁組には、「普通養子縁組」と「特別養子縁組」の2種類があります。 それぞれの親子関係の継続について、相続関係について説明します。 (1) 普通養子縁組...

別受益と特別受益の持戻し

特別受益とは、特定の相続人が被相続人から生前贈与や遺贈を受けていた場合の利益のことをいいます。 生前贈与で特別受益と認められるものは、以下のようなものです。 ◦婚姻や養子縁組のための贈与 ◦生計の資本としての贈与  ...

別縁故者

被相続人が死亡して、法定相続人がいない場合、特別縁故者自身の申し立てに基づき、家庭裁判所の判断で特別縁故者が遺産を相続することがあります。 特別縁故者とは、相続の現場で被相続人に法定相続人がいない場合に、被相続人と特別な関係があって相続を...

続税の基礎控除とは

相続税は、いかなる場合も課税される訳ではありません。 相続税が課税されるのは、遺産の総額が相続税の基礎控除額を超える場合です。 相続税の基礎控除額とは、相続税の総額を計算する場合に課税価格の合計額から差し引く控除で「3,000万円+60...

続人不存在とは(相続人がいないとき)

相続人不存在とは 相続人不存在とは、被相続人に①配偶者、子、父母、兄弟姉妹およびその代襲相続人といった法定相続人がいない場合、②法定相続人はいてもその全員が相続放棄または相続欠格・相続廃除によって相続人がいない場合をいいます。 ただし、...

相続お役立ち情報

  • 初めての方へ
  • 専門家のご紹介
  • 運営会社